FC2ブログ
    2012
    02.23

    「天使が街にやってくる」野口五郎

    「天使が街にやってくる」野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・編曲 山中涼平
    1982年発売 アルバム「パレード」

    今日2月23日は
    皇太子さまの誕生日、でもありますが
    野口五郎さんのお誕生日でもあります。
    やっぱり2月23日にお生まれの方は
    品が良く 人格者だーーっ!!
    ・・などと 叫ぶことはないんだけど
    本当にそう思うので
    ちょっと叫んでみました。

    なんと五郎さん 56歳のお誕生日!!
    五郎さんおめでとう〜〜っ!!(ざあざあ)

    長い長い寒い冬で
    私もこの2月は 風邪でダウンして
    点滴の日々でした。
    春の来ない冬はないと思ってはいても
    こんなに厳しいと 
    ・・さすがに自己治癒は無理でした。

    しかししかしっ!!
    今日は五郎さんのお誕生日
    なんだか 心に春の陽ざしと
    希望の持てる新しい季節を感じました。


    お誕生日だから
    何か書こうと思ったのだけれど
    ケーキのジャケットの「パレード」が
    すぐに頭に浮かび
    一曲目の「天使が街にやってくる」が
    一日頭の中をまわったので
    この曲がぴったりなような気がして
    こうして書こうと思いました。

    なんか 温かく胸に沁みます。
    激しい感情や
    打ちのめされるほどの挫折や
    孤独も悲しみもない
    静かで穏やかで
    温かい感じ。

    物足りないと思うことも
    若い時にはあったけれど
    この穏やかさが
    なんかもう今
    どうしようもなく胸に優しい。

    いろんなこと
    乗り越えたら
    やっぱりこんな歌も
    すごくいいと思うのです。

    「想い出は 12時のシンデレラ
     動かない過去よりも GO MARCHIN'IN
     悩むのは 20年先でいい
     風船につかまって 翔んでみよう」

    あぁ 本当にそうなんだな。
    すごく今よくわかる。
    気がつけば
    20年はとうに経っちゃった・・・
    悩んでも悩まなくても
    時は過ぎていくのよ。。。

    でもでも 悩んで泣いて
    孤独と向き合って もがいた
    若い日々があればこそ
    穏やかな今があるような気がする。

    そして
    ともに生きてきた年月は
    目には見えない
    深い絆を与えてくれる。
    だから時間はとっても大切だと
    この年になったからこそわかるの。

    優しい五郎さんの
    歌を聴いて生きてきたから
    優しく生きていられるというのは事実だもの。

    涙も微笑みも
    歌とともに。

    これからもしぶとくついていくーーーっ。

    「いつだって青春は迷い道
     わかってて降りるのは 弱虫さ
     君を抱き パレードを追いかけて
     さめない夢を 今度こそ 君へ」


    なんか泣けてくる。
    あったかいね。

    私たちもずっと
    すがりついてでも
    ついていくから。
    降りることなんてないから。

    みんなで
    これからもいっしょに
    年を取っていきましょう。

    五郎〜〜〜っ!!

    スポンサーサイト



    Comment:13  Trackback:0