FC2ブログ
    2012
    01.29

    「孤独な旅路」野口五郎

    「孤独な旅路」 野口五郎
    作詞・棚橋三津雄 補作詞・大日方俊子 作曲・編曲 馬飼野 俊一

    16歳の五郎さんが歌う このアルバム「青春の旅路」

    後追いで買って 手に入れた一枚
    中学生の私には
    まさに すうっ、と胸に入る
    優しさに満ちていました。


    飾らない ただ一人の少年
    ありのままに
    等身大の五郎さんを感じられた一枚。

    シンプルだからこそ
    五郎さんの歌声や才能や
    持っている人としての温かさや魅力が
    愛おしいくらい感じられたのだと思います。

    美しいプロローグ(新しい汽車)に
    五郎さんのつぶやくような語り
    そして 動き出した新しい人生に乗り込んだ気がする
    「孤独な旅路」

    五郎さんもまた歌手として
    見果てぬ夢を持ち旅立たれたばかり、
    その五郎さんの想いとも重なり
    胸がキュンとしたものです。

    素直に心に響く
    優しい歌声

    人生に疲れたら
    もう一度 このアルバムを開いて
    五郎さんの歌声を聴けばいい。

    人は みんな孤独だと思う。
    けれど孤独といっしょにあるものは
    夢である。

    孤独の中には
    実は心の自由がちゃんとある。

    今だからわかることだけれど。

    何度でも新しい汽車に乗ればいい。
    心は自由に 旅立てばいい。

    16歳の五郎さんの歌声は
    とても温かく胸に届く。

    なにも飾りなどいらない。

    ただ 「野口五郎」 だけで
    16歳の少年ではあるけれど
    勝負できたのである。

    そのことを
    今改めて書き留めておきたいと思います。

    スポンサーサイト



    Comment:8  Trackback:0