FC2ブログ
    2011
    05.31

    「嘆きの讃美歌」野口五郎

    「嘆きの讃美歌」野口五郎
    作詞・千家和也 作曲・編曲 馬飼野俊一
    1974.4.10アルバム発売 「'74GORO IN KOKUSAI こころの叫び」

    昨日「愛は傷つくもの」のレビューを書きましたので
    「嘆きの讃美歌」は書いておかなければと思いました。

    ほとばしる情熱
    抑えても抑えきれない感情
    もがき 苦しみ 涙するのは
    一途な想いゆえ

    そして若さゆえなのです。

    泣きながら歌う五郎さん

    ファンもこの頃は若かったせいか
    そんな五郎さんに
    絶叫する方も多かったのです。
    ライブ盤ならではの迫力

    ますます狂おしく燃える想い。

    五郎さんは 
    普段は わりにシャイで
    人見知りするとおっしゃっていました。
    特別社交的ということもなかったように思いますし
    とても物静かな青年でしたけれど

    歌を歌うときは
    もうすべてをさらけ出して
    生身の人間「野口五郎」そのもので
    ファンの前で
    歌ってくださっていました。

    そのギャップもあり
    五郎さんの歌を聴くと
    もうファンも ノックアウト状態で
    (失神する人も多かったと聞きますけれど)
    この歌も 本当に
    乙女の心をわしづかみにして
    離さないような作品なのです。

    「僕は駄目だよ 僕は駄目だよ
     死んでしまいそうだよ
     だけど君を だけど君を
     にくんだりはしないさ」


    もうだめよ
    死んでしまいそうよ
    にくんでしまいそうよ

    「いやだ! いやだ!いやだ!」

    五郎といっしょに心の中で叫んだ気がします。

    そして心の中 この歌がぐるぐる回る
    「讃美歌の流れる けがれない教会」
    エンドレスになってしまう。

    「愛はきずつくもの」と「嘆きの讃美歌」
    静と動
    野口五郎の魅力がいっぱいです。

    スポンサーサイト



    Comment:6  Trackback:0