FC2ブログ
    2010
    07.20

    「誰かが私を愛してる」 野口五郎

    Category: シングルB面
    「誰かが私を愛してる」野口五郎
    作詞・市川森一 作曲・筒美京平 編曲・川村栄二
    1983年1月25日発売B面

    TBSドラマ「誰かが私を愛してる」の挿入歌、
    「19:00の街」のB面です。

    美しい多岐川由美さんとの共演、
    物語そのままに 少しミステリアスで
    遠い記憶が甦るときの
    あの深い森の中で木漏れ日を仰ぐような感覚。

    しっとりと心に響き
    この胸の 深い深い森の奥に
    響き渡るような
    そんな気がする深い一曲。

    市川森一さんが作詞というのもとてもおもしろいのですが
    深い歌詞に共感を覚える

    記憶をたどるとき
    それは人が愛された記憶をたどる時。

    「誰かが 私を愛してる
     降りそそぐ光が
     私だけ照らすように
     誰かが 私を愛してる
     姿は見せないで
     なにもかも失くした時まで」

    素晴らしい歌詞。

    生きていると
    この言葉を実感する。
    つい口を突いて出る。

    たとえすべてをなくしても
    本当は なくしていないものがそこにある。
    私を守り続けようとする見えない愛が
    きっとそこにある。

    なんてすてきな作品。

    歌もまた 生きる道しるべだと
    私は思います。

    スポンサーサイト
    Comment:7  Trackback:0