FC2ブログ
    2009
    09.17

    「雨に消えた恋」野口五郎

    Category: シングルA面
    「雨に消えた恋」 野口五郎        
    作詞・ 千家和也 作曲・筒美京平 編曲・筒美京平          
    1972年12月15日発売A面

    1971年にデビューされて2年目。

    まだこの頃の五郎さんのことは
    当時の私は知らずに生きていましたけれど
    「アイドル」という言葉が この当時にはあったのでしょうか?

    当時の人気女性歌手といえば 天地真理さんや南沙織さん小柳ルミ子さん。
    そして麻丘めぐみさん アグネス・チャンさんが1972年デビュー。
    明星や平凡の表紙では五郎さんもきっと彼女達と一緒に顔を寄せて・・
    というのが多かったことでしょう。

    そしてこの年 郷ひろみさんデビュー。
    怒涛のアイドル期に突入することになるのですが
    嵐の前の静けさ?の一年、といったところでしょうか。

    この頃は一年の間に4曲のシングルをリリース
    3ヶ月に一曲、というサイクルで回っていた時代、
    めまぐるしい日々だったと想いますが
    忙しくても夢がいっぱいだった時代ではないでしょうか。

    「君は もう君は帰らない
     泣いて叫ぶ僕のこの手に」

    胸を熱くする熱唱

    まだ青い五郎さんの声
    後追いですが 当時の私には とても切なく心に響き
    聴くたびに泣きそうでした。

    スポンサーサイト



    Comment:2  Trackback:0
    2009
    09.17

    「君を求めて」野口五郎

    Category: シングルB面
    「君を求めて」 野口五郎          
    作詞・千家和也 作曲・筒美京平 編曲・高田弘          
    1973年3月2日発売B面

    オレンジの雨 のB面の作品。

    後追いで レコードを集めていたのですが
    このレコードはどこにもなくて あきらめかけていたある日
    お友達の家に遊びに行った時 このレコードを発見!!
    レコードを売ってほしい、と 必死でお願いして手に入れた思い出の一枚。
    まだ 小学生の自分でした。

    レコードには 傷がついており
    それがまるで雨音のようでもあり
    今思えば そんなことも懐かしく思い出されます。

    素直で優しい歌声
    一度聴いたら覚えてしまいそうな作品
    心にす〜っ、と沁みるいい声です。

    「君を 君を求めて
     僕は ひとりさまよよう
     愛を 愛を失くした
     深い嘆きを 君は知らない」

    五郎さんの歌唱方法は 少しずつ進化して行きましたが
    サビの部分 特に高音部
    初期の五郎さんの若さと情熱をとても感じます。
    身体をのけぞらせての熱唱は 今も記憶に鮮明です。

    胸がキュンとしめつけられるような
    素晴らしい表現力と歌唱力。
    恋を知らずして ここまで歌えたとしたならば
    野口五郎という歌手は
    やはり歌手になるべくしてなった逸材であったといえるでしょう。

    第一線で活躍し続ける五郎さんの
    歌で育った私たちの現在も
    おかげさまで きらきらと輝き続けます。

    Comment:2  Trackback:0