FC2ブログ
    2009
    07.07

    「今日という一日」野口五郎

    「今日という一日」野口五郎
    作詞・山上路夫 作曲・野口五郎 編曲・佐藤寛

    1976年3月10日に発売されたアルバム「通りすぎたものたち」の中の一曲。
    作曲家のお兄さんとの 初の兄弟アルバムです。

    お兄さんとの作品ということで
    素直で温かい等身大の五郎さんを感じられるアルバム

    懐かしいような
    帰りたいような
    ふるさとへの想いがあふれてくるような
    すてきなアルバムです。


    このアルバムの中で
    「通りすぎたものたち」
    http://blog.goo.ne.jp/sakura316n/e/74cc9c8313a8ce1e12cfb6893b558e5b
    「二人の朝食」
    http://blog.goo.ne.jp/sakura316n/e/e95908939871825b6b06444f0e407707
    特に この二曲を聴くと 私は泣きたいくらい当時の自分の心に戻ってしまうのですが

    この「今日という一日」も
    いつも口ずさんで歌っていました。
    自然と口を突き 自分を励ますように歌っていたように思います。

    悲しいことがあっても
    一日は過ぎていく

    そしてまた新しい今日という一日が始まり
    また一日が終わる

    「誰もが生きている 何かを求めつつ
     喜び悲しみを胸に抱いて」

    山上先生の詩は本当に素晴らしいな・・

    そして五郎さん作曲のこのメロディ
    いつまでも心の中でリフレインする
    すてきなメロディです。

    スポンサーサイト



    Comment:4  Trackback:0