FC2ブログ
    2019
    04.22

    「私鉄沿線02」 野口五郎 

    Category: シングルA面
    「私鉄沿線02」 野口五郎 
    作詞:山上路夫 作曲:佐藤 寛 編曲:野口五郎 with aqua.t
     2002. 10.23 発売A面

    キングレコードより
    サンタナの カバー作品「愛がメラメラ」を発売されて半年後、
    シングルとして発売されたのが この「私鉄沿線02」です。

    「私鉄沿線」は1975年1月21発売のシングルで
    オリコンランキングでも一位を獲得した五郎さんの代表作品を
    セルフカバーされました。

    正直なところ「愛がメラメラ」がもっと売れてよかったと思っています。
    そのことは 今も 少し残念に思うところです。
    けれど 良い作品は 時間の経過に関係はありません。
    今聴いても刺激的ですし 新しい世界を開拓されたと感じますし
    攻めに攻めて闘われたことに 感動を覚えますし
    あって良かったと心から思える作品です。
    音楽的にも素晴らしい作品です。

    そしてこの作品は それに続くもので
    当時は 五郎さんが闘っていらっしゃることをひしひしと感じました。

    当時は どうしてもっと 愛メラが売れないんだろう、と
    世の中に対して怒りさえ感じてしまい
    どうして世の中の人はこの音楽の良さがわからないのだろう、と
    私自身 ほんとうに憤ってましたので
    当時この作品が出たときには
    どこか世の中に失望しており
    純粋に音楽を楽しむ・・・ということが
    出来なくなっていたような気がします。

    一般的に みなさんが求めるのは
    あの76年の「私鉄沿線」であり
    イコール それが 野口五郎のイメージで
    それを壊すこととはとても難しかったと思います。

    だけど あの頃の五郎さんは特にカッコよかったと思います。
    近寄るのも怖かったくらい 迫力がありました。
    私はあの時代の五郎さんは男らしくて野性味があって
    すごくよかったと思っています。

    だからこそ 今の穏やかな五郎さんに
    心底安堵してます。

    この作品は ギターもストリングスも
    すごく洗練されたアレンジで
    スッキリとしたおしゃれな印象があります。

    五郎さんの歌声も 
    語るようでもありますが
    哀愁のあるまろやかな声で
    かといって華やかにせず 
    敢えてマットな感じで耳に残るようにし、
    特に サビにつなげるまでの最初の部分は
    どんな声で歌うか、
    意識されて出されたのだと思います。

    今聴いても愛おしいです。

    五郎さんのチャレンジの歴史をたどると
    今の五郎さんが さらに輝きます。

    歌い続けてくださることに感謝です。

    スポンサーサイト
    Comment:0  Trackback:0
    2019
    02.25

    「少し抱かれて」野口五郎

    Category: シングルA面
    「少し抱かれて」野口五郎
    作詞 : 荒木とよひさ 作曲 : 筒美京平 編曲 : 川村栄二
    1987.12.15 シングルA面 

    シングル曲については けっこう語ってきましたが
    あと11曲 まだ語ってない作品がありまして
    http://norie-net.com/goro.html
    ほんとうに果てしなかったのですが
    とにかく シングル曲だけは なんとか今年中には語って
    シングル作品制覇ということで バンザイ!バンザーイ!と
    自己満足に浸りたいと思っています。
    今年は 真面目に頑張るぞーーっ。

    五郎さんは今 歌もドラマも家庭も友情も事業も
    すべて順調ですが
    こういう時こそ健康にだけは 
    十分気をつけていただきたいと思っています。

    早期発見で ほんとうに何よりでしたが
    ファンの願いは たった一つだと思ってます。

    さてこの曲は1987年に発売されました。

    私は正直な話、この時期は2人目が生まれて
    年子の男の子の子育てをしており
    もう 何も思い出せないくらい忙しい時期で
    故郷を離れて千葉という土地で 
    一人で日々奮闘しておりまして
    五郎さんからも離れていました。

    ですから のちに聴くこととなるのですが
    80年代のキラキラした音楽で
    五郎さんの歌声も明るく 
    ポジティブな愛の提案のようにも受け取れます。

    「胸に住みつく悲しみ 別れてあげればいい
    恋は泣くことじゃなくて 同じ夢の中へ」

    詞は 荒木とよひささんですが
    この出だしの歌詞が良いですね。

    五郎さんの歌声も安定の歌声。
    ゆったりと気持ちよく歌い上げられています。

    ジャケットは かなり男らしさを前面に出して
    クールな感じです。

    「わぉ! 」と 思わず声が出てしまいました。

    Comment:0  Trackback:0
    2018
    11.28

    「沈黙」 野口五郎 

    Category: シングルA面
    「沈黙」 野口五郎              
    作詞・松本隆 作曲・筒美京平 編曲・筒美京平
    1977年4月25発売A

    今だから 話しますけれど
    1977年のこの時に
    どうしてこの曲だったんだろう、と
    ずっと思っていました。

    確かに キレもよく すっきりとして
    かっこいい曲です。
    クールで男らしい感じです。

    1977年は1月からずっと
    明治チョコレートのコンサートで
    五郎さんのステージに東海林先生も立たれていました。
    全国をいっしょにまわっていらっしゃいました。

    そして4月には 五郎さんにとっては初めての日生劇場リサイタルで
    音楽監督、編曲、指揮、を東海林修先生が担当され
    10曲もの新曲を披露され 成功を収められました。

    そういう時期だったので
    '76~'77年というのは 五郎さんの歌のイメージは
    筒美先生より東海林先生のイメージの方が強くありました。

    けれど東海林先生の作品は
    まったくシングル作品になることはありませんでした。
    のちに「コーラス・ライン」がシングルになりましたけれど
    東海林先生の作品のシングル曲は
    この一曲となっております。

    東海林先生が亡くなられて
    しみじみ思うのですけれど
    '76~'77のこの時期に 一曲でも
    先生の作品が シングルになっていれば・・・・と
    残念でなりません。

    これは 私が東海林先生と交流があったために
    どうしても思ってしまうことでありますから
    こうして 申し上げてしまうことは
    どうか寛大に読み流していただきたいと思います。

    「はじめからあなたは愛を
    たわむれとわりきっていた」

    当時の私には
    この詩の内容も音楽も
    とても難しかったように思います。

    なにしろ幼かったですし
    恋愛についても こういう大人の内容は
    まったくわからなくて
    想像することすら難しかったです。

    松本隆さんも これまでの五郎さんのイメージを変えていくために
    ぐっと大人のクールな世界を描かれたのだと思います。

    テレビで見ていても 五郎さんは嬉しそうでした。

    私も 今ならこの歌詞の世界もわかるのですが
    当時のファンはあまりにも幼くて
    純粋でまっすぐでした。

    かえって今 歌われた方が似合うのではないでしょうか。

    五郎さんの歌とともに
    私たちも成長してきたように思います。

    けっこう必死だったような気もします。

    Comment:0  Trackback:0
    2018
    07.25

    「泣き上手」  野口五郎 

    Category: シングルA面
    「泣き上手」  野口五郎           
    作詞・岡田富美子 作曲・佐藤寛 編曲・クニ河内 
    1978年5月10日発売A

    テイクアウトライブの到着が待ち遠して今日一日ですが
    今日はもう届きそうにないので
    明日の楽しみとしたいと思います。

    考えてみれば のんびりと語ってきましたが
    のんびりとし過ぎて
    まだ五郎さんのシングル盤でさえ全部語っていない状態。

    五郎さんが お元気だから
    ついついのんびりしてしまうのだけれど
    自分が生きているうちに すべてを語るのが目標。

    かと言って だれもそれを課したわけでもなく
    自分ひとりで そう思って ライフワークにしてしまったのだから
    まったくおめでたい人間です。

    それでも 私自身そうなのだけれど
    よく作品についてネットで探すことがあるので
    あのフレーズ、あのタイトル・・・・・
    あ~知りたい~~、と探した時に
    ここで見つかれば・・・・と
    そういうサイトを目指して
    15年やってきたわけです。

    さて今日は 「泣き上手」
    この年は 衝撃的で 嵐のような一年となり
    なんとも言えないのですが
    なにしろ 自分も幼かったし 
    恋に恋する乙女で
    頭の中が五郎王子さまとの夢と妄想でいっぱいだったので
    突然現実に引き戻されたようで
    切なかったことを思い出します。

    「泣き上手」 しっとりとして
    泣き虫な彼女に「そんなに泣くなよ」となだめるような
    一対一の視線を感じる甘いラブソングなのだけれど
    歌を楽しむどころではなくて
    なぜか切なかった気もします。

    正直 この時は
    甘いラブソングではなく
    動物愛護の歌とか、
    自然環境を守る歌、
    とかにしてほしかったような気がします。(汗)

    とにかく幼かったんだなぁ~私も。

    だから次の作品が「グッド・ラック」が出た時は
    さっぱりとして 吹っ切れたような気がします。

    こういう話しは 当時のファンの人しかわからないと思いますが
    人生いろいろです。
    (なんだそれ)

    作詞は 新しい試みで岡田富美子さん
    この方は「怪獣のバラード」を書かれた方で
    抽象的で深い詩を書かれる方だから
    恋愛の詩でなくてもよかったように思いますが
    曲がしっとりと艶っぽいので
    こうなったのかなぁ、とも思います。

    歌を聴くと 不思議なもので
    当時の時代背景や出来事や
    景色や空気や気持ちまで思い出されるものです。

    私はこの歌が出たころは
    ファンクラブの会報誌「五郎」を広げて
    何度も何度も読んでいた自分が甦ります。

    Comment:2  Trackback:0
    2018
    07.11

    「さすらい気分」 野口五郎

    Category: シングルA面
    「さすらい気分」 野口五郎
    作詞・山上路夫 作曲・筒美京平 編曲・大村雅朗 
    1980年6月1発売A

    今日は愛知県の方で五郎さんのコンサートですが
    行くことが出来る方には 心より楽しんでこられることを希望します。

    今年はいろんなことが イッキに押し寄せて
    私は正直 心身ともに
    どうしようもないくらい疲れているのですが
    あぁ そうだ
    五郎さんの歌を語っていこう、と思いました。

    周りに左右されない ささやかな自分の楽しみを
    大切にしなくては・・・と思います。

    時に大きな波が押し寄せ、
    時に いきなりのスポットライトが当たり
    時に 思いもよらない絶賛の言葉を受け・・・

    けれど 時代は変わり
    波も引き、光は翳り
    人は去っていく。

    変わりゆくことが常であるこの世の中で
    そばにずっといてくれる人がいたとしたら
    それは自分にとって 奇跡の人でしょう。
    感謝を忘れてはいけないと思います。

    そして、自分の中にある 不動のものがあるならば
    それを大事にしたい。
    変わらないものを大切にして
    淡々と動かなくては、と思います。

    続けてきたことを大切にしなくては。

    さて「さすらい気分」は
    当時はドラマ「青春諸君 夏!」の主題歌でした。

    当時の私は みんなでわいわい、とか
    みんなできゃぴきゃぴとか みんなで青春!
    というようなことに抵抗がありました。
    そういう育ち方をしていなかったので
    こればっかりは仕方ないです。

    ひとりの時間が好きで
    一人で静かに楽しむ・・・というのが好きだったので
    ドラマは 見てなかったように思います。

    このレコードも
    私の場合 B面の哀愁を帯びた「夕暮れギター」の方に
    強く心を惹かれましたし 好きでした。

    それから詞についても
    あの叙情的な語りを得意とされ、
    美しく繊細な日本語の詞を書かれる
    山上路夫先生が
    歌詞に横文字を入れられたことが
    とてもショックに感じられてしまいました。
    がーーーん。

    あぁ 時代が変わったのだなぁ・・・とほほ。
    そんな気分でした。

    全部日本語にしてほしかった・・・・とか
    内心思っていました。
    (今も少しだけそう思っています。すみません。
    どうしてこう思うかというと 山上路夫先生の作品だからです。)

    でも 私の思い込みや感傷を抜きにすれば
    この世界はゴキゲンです。
    自由で 晴れやかで 爽やかです。

    編曲は 才能があり 当時勢いづいていらっしゃった大村雅朗さんです。

    聖子ちゃんの「SWEET MEMORIES」より三年も前の
    五郎さんとのコラボです。

    「青空見てたら
    どこかに行きたくなったよ
    机にお金並べてみた
    遠くは行けないね」

    遠い 少し近い寄り難い五郎さんが
    少し庶民的になって
    近くなったような感じもしました。

    肩の力を抜く必要があったから
    この歌なのでしょう。

    今聴くと 心が軽くなります。
    歌は 聴く自分が変わっていくから
    感じ方も変わって行く。

    だから歌っていいんだよな~、って思います。

    Comment:0  Trackback:0
    2017
    10.16

    「愛の証明」  野口五郎 

    Category: シングルA面
    「愛の証明」  野口五郎          
    作詞・なかにし礼 作曲・佐藤寛 編曲・井上艦 
    1980年2月16日発売A

    私は 作詞家の中でも
    なかにし礼さんは大好きなのですが

    大好きなだけに
    正直 この歌詞を聴いたときは 
    がーーん、
    もっと五郎さんを知っていてほしかった、と
    内心思ってしまいました。

    せめて「この脚を鎖でつないでくれ」
    ここの部分だけでも変えていただければ
    随分違ったのに・・・と
    本当に残念に思っています。

    ここはあくまで 私自身の主観で話していますので
    どうかお許しいただきたいのですが
    正直に書きました。ごめんなさい。

    だってだって
    アルバムに入っていた「貝になりたい」とか
    「樹海」が素晴らしすぎたので
    どうして この作品がシングルなのか、と
    当時からずっと残念に思っているのです。

    いや、B面の「パリ北駅」だってすごくいい!!

    なかにし礼先生の記念すべきシングル作品ならば
    品が良くて 格調高い
    「樹海」や「貝になりたい」にしてほしかった。
    これが私の正直な気持です。

    刺激的なものとか
    挑発的なものでない方が
    なかにし礼さんの世界に
    五郎さんは
    すごくマッチするのに・・・と。

    私の五郎さんのイメージが
    この詞の世界とまったく違う、と思っているので
    私の中で受け入れることが難しく
    あまりちゃんと聴かなかったんだと
    今聴いてみて思いました。

    だから逆に
    私はこの歌が大好き、と言ってくれる人に出逢いたい。

    どうしてこの歌の世界がわからないの?、って
    教えられたい。

    ということで
    この詩だから良いのよ、と
    言ってくださる方が現れる事を
    心よりお待ちしております。

    追伸
    ちなみに 私がなかにし礼先生の作品の
    好きな歌は こちらで紹介していますので
    時間がおありでしたらご覧ください
    https://ameblo.jp/inmylogbook/theme-10009515887.html

    Comment:0  Trackback:0
    2017
    09.27

    「青春の一冊」 野口五郎

    Category: シングルA面
    「青春の一冊」 野口五郎            
    作詞・伊藤アキラ 作曲・佐藤寛 編曲・萩田光雄 
    1979年9月15日発売A

    お彼岸も過ぎ 秋も深まりました。
    芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋、ということで
    秋に聴きたい歌のひとつ「青春の一冊」です。

    「真夏の夜の夢」「女になって出直せよ」と
    チャレンジの日々が続きました。
    豪華スペシャルバンドを引き連れ、
    カッコ良く ギンギンにギターを弾きながら歌う五郎さん。

    とにかく この頃の五郎さんは
    しなやかでありながら
    野性味もあって 
    ムキムキも見せつつ、
    お顔も美しく 髪の毛もさらさらで
    超カッコよかったと思います。

    ドカーン行くはずでしたが
    みんなのイメージから大幅に飛び出して
    ビックリが先に立ち
    思うようにならなかったのですが
    あれほど カッコイイすてきなギタリスト&シンガーは
    見たことがありません。
    きっぱりと断言いたします。

    しかし 世の中は保守的で
    まだ自分の中のイメージは断固として守る、というような時代でもありましたし
    軌道修正をせざる終えなかったのですが
    このチャレンジは 間違いなく 今 生きています。

    もう一度みなさんに 見ていただきたい気持ちでいっぱいですし
    これを見てファンになられる方だって
    きっとたくさんいらっしゃると思います。

    「青春の一冊」は
    知的で物静かな みんなの持つ五郎さんのイメージに戻した感じになりました。
    しかし ここは 少しひねって 「HIMIKO」にされていたらなぁ・・と
    少し考えてしまうのですが
    ここは手堅く・・・ということになったのでしょう。

    というか 最初から「青春の一冊」でと 決まっていたと思うのですが
    思った以上に「HIMIKO」が素晴らしい仕上がりになりましたので
    本当にもったいなかった、という気持ちが
    どなたの胸にもあると思います。

    「赤いカバーには 君のサイン
    細く青白い指先を想いだす」

    こういうところが好きかな。

    A面もB面も五郎さんの高音の良さが生かされています。

    これからの時代は A面B面関係なく
    良い歌は聴いていただけるし
    広めることが出来る時代になりましたので
    五郎さんも 色んな持ち歌を
    機会があれば どんどんご披露くださればいいなぁ、と思っています。


    Comment:3  Trackback:0
    2017
    08.31

    「涙のチケット」  野口五郎  

    Category: シングルA面
    「涙のチケット」  野口五郎   
    作詞 : Peter De Wijn 訳詞 : 三浦徳子 作曲 : Peter De Wijn 編曲 : 佐藤寛
    1986.12.21  A面

    1986年は おニャン子クラブなどの 刺激的で
    身近にいそうな ティーンエイジが活躍した年でした。

    ヒットチャートを見ても
    若い女性の名前がずらりと並び
    女性が活躍した年でもあります。

    この頃の音楽を聴くと
    もうなんだか 自分にはついて行けないと
    正直思ったものです。

    どちらかというと ニューミュージックを聴きたい、と思った時代だったような気がします。

    若い 可愛い ちょっとセクシー、
    みたいな感じが ウケた気がします。
    少し挑発的でもありました。

    歌は 二の次だったので
    長く残っていく歌とは思えませんでした。

    時代がもう イケイケ状態だったのではないでしようか。

    翌年になると その跳ね返りか
    演歌などが持ちなおしてくるのですが
    相変わらず ほぼイケイケ状態が続いていたような気がします。

    そういう私も なんだかイケイケ状態になり
    1986年に結婚したのですが
    多分 時代に背中を押されたのだと思います。

    :結婚はしましたが
    このレコードはちゃんと買いました。

    五郎さんも
    テレビに出て歌われる機会も多かったように思います。
    欽ちゃんの番組に出ていらっしゃったような記憶があります。

    「涙のチケット」 。
    30代になられた五郎さんには
    とてもぴったりの世界でした。

    横文字で歌われた歌詞も
    自然だったように思います。

    もっと売れても良かったのですが
    なかなか 時代を読むことは難しいですね。

    全部日本語詞に直されたほうがよかったのかな、
    どうしてなのかな~、と 考えてました。

    逆に 演歌を歌ったほうが
    この時代は受け入れられたのではなかろうか・・・と思うくらい
    翌年は演歌が売れていましたね。

    五郎さんがこうしてずっと歌い続けてくださって
    ご活躍くださっているので
    あらためて あの時代の歌も
    今 じっくりと聴くことができます。

    飛び跳ねるような時代に
    落ちついた歌の世界を残されて
    ある意味安心しています。

    Comment:2  Trackback:0
    2017
    08.27

    「裏切り小僧」  野口五郎 

    Category: シングルA面
    「裏切り小僧」  野口五郎          
    作詞・伊藤アキラ 作曲・宇崎竜童 編曲・新井栄治
    1981年8月21日発売A

    宇崎竜童さんの作品が続いたので
    ここでこのシングル盤を書いておきましょう。

    「裏切り小僧」
    もともとは 1979年アルバム「南十字星」に入っていたこの作品。
    シングルカットされて81年に再登場です。
    アルバム「南十字星」に入っている作品についてのレビューはこちらです。
    http://littlegirl5636.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

    シングルカットは そのままシングルにされた、というのではなく
    再度 お色直しをして、の登場です。
    音源をお持ちの方はぜひ聞き比べていただきたいと思います。

    私も今 聴きなおしてみました。
    アレンジの雰囲気はそのままですが
    大きな変化としましては
    ストリングスも加わって しなやかな仕上がりです。
    五郎さんの歌い方も垢抜けてきた感じがします。

    せっかくの竜童作品を眠らせておくのはもったいない、と思われたのだと思います。
    ここら辺で 少し変わりたい、という気持ちだったのではないでしょうか。

    宇崎竜童さんと五郎さんは
    全然似ていないように思うのですが
    お誕生日が2月23日と同じ日で、
    きっと共通する点があるのだと思います。
    才能が豊かなところとか
    感性が豊かなところとか
    「キザ」が似合うところとか・・・・(笑)

    当時
    神経質で慎重で真面目な五郎さんが
    この裏切り小僧の世界を歌われると
    五郎さんとのギャップが大きすぎて
    ピンとこない、というんでしょうか、
    なんだか困ってしまうような気がしたのですが
    なんといっても 竜童の世界を五郎さんが表現された、という
    面白さがあります。

    ただ残念だったのは 作り手として
     阿木 燿子さんを担ぎ出せなかった、ということなのではないかなぁ。

    でも今聴くと これも新しい五郎さんの世界で
    貴重なものです。
    ちゃらんぽらん という雰囲気が
    五郎さんにはないだけに
    この世界は面白いのです。

    私としては 特にオリジナルにこだわらなくても良いので
    たとえば
    「身も心も」
    のような作品を
    カバーしていただきたかったなぁ。

    こういう歌を歌われる五郎さんを観たかったなぁ・・・と
    猛烈に 今、思います。

    Comment:6  Trackback:0
    2017
    08.25

    「今夜はつれづれ」野口五郎

    Category: シングルA面
    「今夜はつれづれ」野口五郎             
    作詞・三浦徳子 作曲・宇崎竜童 編曲・後藤次利 
    1983年10月10日発売A 

    新しいコラボレーションで
    守りの体制から抜けて
    攻めの一曲ではあったのですが
    なかなか結果に結びつかなかった、というのが
    現実でした。

    けれど こうして時間が過ぎてみると
    この攻めのコラボレーションは貴重です。

    三浦徳子さんというのも 初めてでしたが
    三浦さんと言えば 私は聖子ちゃんをイメージしてしまうのですが
    この作品では男らしさを全面に出した世界となっています。

    そして編曲はベーシストの後藤次利さん。
    後藤さんと言えば おニャン子クラブとか とんねるずを 
    まず思い出すのですが
    私たちの世代でいえば ジュリーの「TOKIO」の編曲をされていますので
    印象に残っている方も多いと思います。
    イメージとして モッテモテのベーシスト、という感じがして
    私たちの世界からは遠い感じのする方なのですが
    才能あふれた方ですよね。

    そして作曲は「裏切り小僧」以来となった宇崎竜童さん。

    男臭く ビシバシと心に響く作品となっています。
    実は私はこの作品は なぜか購入してませんでした。
    少し この世界を受け入れられなかったのかもしれません。

    それでも 今聴けば
    この攻めに転じた一曲は
    とても新鮮で おぉーー、と思うのですが
    どちらかというと B面の方が竜童節が効いていて
    もったいなかったなぁ・・・という感じもします。

    宇崎竜童さんや後藤次利さんの熱烈なファンも多いと思いますから
    これはぜひ教えてあげたい作品です。

    80年代の この頃には
    演奏もストリングスは使われていないものが多く
    私自身 それが 歌謡曲から遠ざかる原因になったような気もするのですが
    だからこそ ストリングスなしで作る 編曲者の腕の見せどころ、
    というか面白さがあるのでしょう。

    五郎さんも
    過ぎ去れば夢は優しい、のあとの一曲として
    ワイルドな感じを全面に出して歌われています。

    しかし 結果的には
    あまり受け入れられなかった、という感じがあったのでしょう
    「停車場」という ソフト路線に戻られています。

    もしも この曲がドーーンと売れていれば
    次も男らしいワイルド路線だったのでしょう。

    しかし 世の中は 
    五郎さんには ソフトで甘く哀愁のある世界を求め続けたものですから
    五郎さんも 少し しんどかったのではないかなぁ、と
    今になって思います。

    そういう意味でも この一曲は貴重な世界だと思います。

    Comment:0  Trackback:0