FC2ブログ
    2019
    08.05

    「涙憶」野口五郎

    Category: シングルB面
    「涙憶」野口五郎
    作詞・作曲 伊勢正三 編曲・大谷幸 
    2019.05.01シングルB

    五月に発売になった「これが愛と言えるように」の
    カップリング曲。

    まさかの伊勢正三作品。
    50年近く歌い続けてこられて
    こういうコラボレーション作品が聴ける、ということも
    野口五郎という歌手の面白さです。

    野口五郎という歌手の面白さは
    一度にすべてを見せてしまわない奥ゆかしさ。

    持っているものは ほんとうは バーーン!!と華々しく
    見せてしまいたいものですが
    野口五郎という人は 一気に全部見せるようなことはされません。
    どこか 想像をかき立てるような
    見せない部分を感じさせてくれるアーティストなのです。

    ですからファンを
    40年続けていても50年続けていても
    サプライズが常にあり 飽きることはありません。

    そして そうだったのか・・・というような
    カミングアウトも 要所要所にしてくださり
    サービス精神にあふれていらっしゃいます。

    その出し方が 絶妙で
    長くファンをしていますと
    あぁ そうだったのか・・・と
    パズルのピースが ピタッとハマるような
    気持ち良さと快感があるのです。

    少しずつ あちこちのピースがハマっていく楽しさを
    感じさせてくださる歌手です。

    過去に因縁もあり
    さらにご縁もあって 
    この作品を歌われることとなったのだと理解しています。

    五郎さんが伊勢さんの作品を歌われるなんて
    とても素敵なことです。
    人生は ご縁で成り立つものですから
    考えただけで楽しくうれしい作品です。

    伊勢さんが歌われた「涙憶」は6分もある長い曲ですが
    五郎さんは少しテンポをアップされて歌われています。

    伊勢さんが歌われたものは
    雨粒を見つめながら思いめぐらすような感覚で聞きましたが
    五郎さんの「涙億」は少しおしゃれなバーで
    カクテルを飲みながら思うような感覚を持ちました。

    「何時間君の胸に閉じ込めたら
    その言葉は微笑みになるの?」

    こういう問いかけが
    五郎さんの甘い歌声にぴったりとマッチして
    この心に問いかけます。

    しかし たぶん私は この歌詞の意味を
    きちんと理解できていない気がします。
    どんな出来事があったのだろう、と
    この歌詞のドラマを
    頭の中で思い描きます。

    想像をかき立てながら
    甘い歌声に浸るのがいいと思います。
    https://tower.jp/item/4862583/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8C%E6%84%9B%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB
    絶賛販売中です!!


    スポンサーサイト



    Comment:0  Trackback:0
    2019
    08.05

    「前奏曲(プレリュード)」 野口五郎  

    Category: シングルB面
    「前奏曲(プレリュード)」 野口五郎    
    作詞・岡田富美子 作曲・佐藤寛 編曲・クニ河内 
    1978年5月10日発売B面

    「泣き上手」のB面。

    ハープシコードの音を聞くと
    私はなんとも ひざまづいて懺悔したい気持ちになるのですが
    みなさまはいかがでしょうか。

    そしてこの作品のイントロのハープシコードの音色に
    なんだか罪深い愛の世界を予感して聴いたものですが
    いきなり

    「今夜私を抱いてと言った
    静かにあなたはそう言った」

    なんていうものですから
    この出だしに
    ドキッ!!っとしたものです。

    当時の子供の自分には 刺激が強すぎた感じでした。
    ドキドキして聴いたことを思い出します。

    五郎さんに夢中になっているファンには
    たまらない歌の世界なのですが
    現実的に考えると
    まずこんなことを女性から言わせる男性は
    ちょっと無理かな(笑)・・・とか思うのですが

    当時のファンは乙女でしたから
    なんともキュンキュンとなる世界でした。

    この歌を聴くと
    当時の五郎さんのアイドル像とか
    ファンの抱く五郎さんのイメージとかが 
    よくわかるような気がします。

    五郎さんの声はとても優しく ソフトで
    ムードがあります。

    「泣き上手」「前奏曲」と
    とても 繊細で優しすぎる男性像でしたが
    そのソフトな作品があればこそ
    次の「グッド・ラック」の世界が
    さらにスカッと男らしく感じ、輝いたのだなぁ、と思います。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    08.04

    「君よ雪になれ」  野口五郎 

    Category: シングルB面
    「君よ雪になれ」  野口五郎       
    作詞・伊藤アキラ 作曲・山中涼平 編曲・山中涼平 
    1981年12月25日発売B面

    「ダイヤル177」のB面。
    A面より 五郎さんのイメージに近く
    受け入れ易い世界だと感じますが
    ここは 攻めの一手の「ダイヤル177」だったのでしょう。

    雪深い駅での別れ。
    愛する人を見送り ひとり残され立ちつくす。
    心も凍えるような淋しさです。

    「いつか必ず会えるわと
    君は笑ってくれたけど
    そうさ ふたりは知っていた
    二度と会えやしないと気がついていた」

    長く生きてみてわかるけれど
    また逢えるよ、と言う人ほど
    もう逢えないことを知っていたりします。

    聞いていると 心の中に雪が舞い続け
    白で埋め尽くされるような気がする。
    さみしくて 切なくてたまらない。

    追いかけてすがりつきもせず
    泣き叫びもしない。
    ただ立ちつくして 去る人を見送る。

    こんなに悲しいことはないなぁ・・・と思う。
    というか ほんとうに悲しい。

    だからやっぱり この作品は
    B面でよかったな、って思う。

    こういう世界も 五郎さんの歌声で聴けば
    悲しみも美しい世界です。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.26

    「ある再会」 野口五郎

    Category: シングルB面
    「ある再会」 野口五郎            
    作詞・伊藤アキラ 作曲・山中涼平 編曲・山中涼平 
    デュエット・里見奈保
    1982年5月25日発売B

    シングル「ふるえて眠れ」のB面作品。

    「久しぶり・・・「そうね」 元気かい?
    どうしてる? 「まあね」 噂きいたよ
    あの話・・・「嘘よ」 気になるね」

    男と女の 再会のシーン。
    対話方式の歌ではあるけれど
    女性の姿は幻のようでもあります。
    こういう曲の作り方も とても斬新で
    冒険しつつ 配慮もされた
    おもしろい作品だと思います。

    そうね・・・まあね・・・嘘よ・・・・
    こんな短いあやふやな言葉で
    男性を惑わせる女性など
    自分には程遠いと思ったものです。
    あの噂って何・・・?
    聴く方も気になります。

    恋はミステリアスな方が より相手を惹きつけるものですが
    なかなかそんな女性にはなれないものです。
    クールで大人な女性の声が
    都会的で かっこいい女性を連想させます。

    デュエットの声は里見奈保さんといわれる方が歌われています。
    当時は何とも思わなかったのですが
    里見奈保さんってどなたなのでしょう。
    鶴田さやかさんが昔 この芸名を使われていたそうなのですが
    鶴田浩二さんのお嬢さんである鶴田さやかさんだったのでしょうか。
    わかりません。
    その時に ちゃんと聞いてなかったので
    わからないままに37年も来てしまって 困ったものです。
    どなたか知っていらしたら どうか教えてください。

    メロディも馴染みやすく覚えやすいのですが
    あの頃のファンは 見も知らぬこのクールな歌声の
    美しそうな女性に 本能的に嫉妬してしまったのではないでしょうか。
    女って やーねっ、って 今となれば 笑えるのですが
    若い頃は やっぱり仕方なかったよなぁ、と思います。
    だって女なのですものね~。五郎さんを大好きな。

    これはB面にしておいてよかったですね。←(ここ、笑うところ)

    キーはとても高く感じますが
    五郎さんの声は良く出ています。
    いろいろな世界があるから
    野口五郎の世界は面白い。

    そう思います。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    07.14

    「やさしく教えて」  野口五郎  

    Category: シングルB面
    「やさしく教えて」  野口五郎           
    作詞・山上路夫 作曲・筒美京平 編曲・井上艦 
    1980年9月21日発売シングルB

    シングルでは1976年の「きらめき」以来、
    山上路夫作品が出ていませんでしたが
    4年ぶりにこの年「さすらい気分」で山上先生とのコラボが復活、
    その次の作品の「愁雷」のB面に収められているこの作品も
    山上路夫先生の作品です。

    印象としては とてもお洒落で垢抜けており
    心地よく安心聴ける作品です。
    一緒に歌う、というより 気持ちよく聴く、という感覚です。

    この年、久々に 山上路夫/筒美京平 というコラボが復活し
    とてもうれしかったのですが
    山上先生がとても明るい詩を書かれるようになったんだなぁ、と
    この時には思いました。

    今聴くと 当時より さらに すぅ~っと 耳に馴染み
    心地よくて オシャレで しなやかで ハイセンスで 素敵だと思う。

    B面にしておくには もったいなかったなぁ・・・。
    すごく素敵なのに・・・。

    「調子に乗って 遊び回るなよ
    そんなことは 教えなかったよ」

    ここのところが すごくいい。
    ふっと出てくる言葉とメロディ。
    お洒落だしスマートだし 都会的。

    ただただ さすがだなぁ~、
    プロフェッショナルな世界なのだもの♪・・・と
    うふっ、って 感じにさせられます。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    06.20

    「同じ夜 別の朝」 野口五郎 

    Category: シングルB面
    「同じ夜 別の朝」 野口五郎   
    作詞 : 松本一起 作曲 : 佐藤健 編曲 : 佐藤寛
    1986.12.21 シングルB面 

    1986年発売シングル「涙のチケット」のB面です。
    33年前の作品ですが
    今聴いてみますと
    五郎さんの声が 
    この時から変わっていらっしゃらないことに驚きます。

    このすごさは 感動ものです。

    世の中では いかに若さを保つか、
    老化を防ぐか、と
    高級化粧品やサプリメントに
    惜しみなくお金をつぎ込まれる傾向にありますが
    意外に 声の老化は気にされていないようです。

    年を重ねても
    声が若くて美しい人というのは
    とても魅力的です。

    ですから年を取られて
    とてもきれいな若い声で話される人がいると
    ハッとして 振り返ってでもその人を見直します。

    そしてとくに歌声には 
    老化が残酷すぎるくらい出るように思います。

    五郎さんって 声が変わらない・・・・。
    本当にすごいことだと思います。

    今日はこの歌を聴いて まずそのことに感動しました。

    「同じ夜 別の朝」
    私はどちらかというと
    A面よりこのB面の方が好みです。
    さらっとしているけれど 心地よく
    心に優しい。

    別れのシーンではありますが
    何かを悟った感があり
    どこか晴れやかです。

    きっと私が大人になったからでしょう。
    (というか、なりすぎました)

    重くならず 暗くならず
    微笑んで手を振る感じに希望を感じます。

    「どこかで 逢ったら Winkして
    幸せ祈ってあげよう
    二人は一緒にいない方が
    奇麗に愛し合えたのさ 仕方ない愛さ」

    仕方ない愛さ、って
    言ってしまうところがいい。
    不思議とこの言葉に救われます。

    久々に聴いてみましたが
    とても素敵な歌だと思います。

    今の五郎さんが歌われても
    きっと すてきだと思います。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    04.13

    「鼓動」  野口五郎  

    Category: シングルB面
    「鼓動」   野口五郎             
    作詞・松本隆 作曲・筒美京平 編曲・筒美京平   
    1977年4月25発売 シングルB面

    当時の五郎さんは
    シングルは筒美京平先生、
    ステージは東海林修先生という
    二大巨匠の後ろ盾の元、
    音楽道を邁進されていました。

    この春には 初の日生劇場でのリサイタル。
    上月晃さんや菅原洋一さんなど
    何度もこの日生劇場の舞台を踏まれていた
    東海林先生の心強い力添えのもと
    初の日生劇場は 大成功を収められました。

    そしてこの舞台で披露された新曲が「沈黙」。
    B面の作品が この「鼓動」です。
    このシングルは 筒美京平先生が
    作・編曲をされただけではなく
    プロデュースも手掛けられました。

    常々言いますが
    野口五郎さんほど 幸せな歌手はいません。
    たくさんの作家から 愛され
    希望を託された歌手です。

    作家にとって 作品は
    いずれ自分より離れていくもの、と 
    納得されて作られているもの と伺ったことがありますが
    そうとはいえ 作家にとって作品は
    魂であり メッセージであり 分身です。
    そしてそれは 人の夢や希望になりえるかもしれない、という
    作家の祈りでもあります。

    引退される歌手もたくさんいらっしゃいます。
    それぞれに事情があり 仕方のないことかもしれません。

    だからこそ 歌い続けていらっしゃる歌手のすごさを思います。

    これほどまでに たくさんの作家より
    渾身の力を持って作られた名曲を受けられた五郎さんが
    歌い続けられているというのには
    大きな意味があると思います。

    すべての力が
    歌い続けていくために注がれている、としか思えません。
    そのことを 今一度 語っておきたいと思います。

    「鼓動」は リフレインするフレーズが心地よくクセになる作品です。
    鼻歌で ついふんふんと歌ってしまいそうです。
    どちらかというと インストゥルメンタルで楽しむような音楽です。
    五郎さんとしては やりたい音楽が出来て嬉しかったのではないでしょうか。

    「あなたに雨が似合うのは
    頬に涙がつたうから
    ただそれだけ」

    こういう音楽に 詞をつけられた松本隆さんもさすがです。
    ただそれだけ、っていうのが ニクイんです。
    心を掴まれます。

    当時この作品を聴いた私は
    音楽的にとても未熟でしたので
    とても難しく感じてしまいました。
    なんか とにかく変わった音楽に聞こえたのです。
    そのことは 五郎さんにも申し訳ない気持ちです。
    今聴くと とても楽しめます。

    こんなに時間がかかってわかったのでは遅いのですが
    それも五郎さんが ずっと歌い続けてくださったおかげで
    楽しむことができます。

    おかげで 私たちのオタク的人生は
    いつまでも楽しく 深いものとなりました。

    過去も未来も楽しさいっぱいです。
    本当に感謝です。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    04.05

    「同じ夜 別の朝」 野口五郎   

    Category: シングルB面
    「同じ夜 別の朝」 野口五郎   
    作詞 : 松本一起 作曲 : 佐藤健 編曲 : 佐藤寛
    1986.12.21シングル B面

    この作品は 「涙のチケット」のB面です。
    こちらは オリジナル作品。

    タイトルからわかる通り
    別れを迎えた二人。

    けれど 悲壮感もなく
    どこか穏やかで。

    お互い納得しあって
    新しい未来に向かっての旅立ちのシーン。

    大人でなければ
    こんな別れはないでしょう。

    サックス音色が
    どこか晴れやか。
    想い出を抱いての
    それぞれの旅立ち。

    この年になれば
    そんな別れも理解できます。

    「二人は一緒にいないほうが
    奇麗に愛しあえたのさ 仕方ない愛さ」

    仕方ない愛?

    仕方ない愛ってなんだ~?
    難しいな。
    仕方ない愛って
    きっと切ない。

    でも
    この穏やかさがとても心地良いです。

    若いころは
    ただ想像力だけで歌を聴いて感じていました。
    それは 妄想の域に達していることもありました。

    けれど さすがにこんな年まで生きてみると
    なんだか ちょっとわかる。

    だから歌は
    同じ一曲でも 一生楽しめる。

    だから歌って いいなぁと思う。

    そして五郎さんの声は
    今もこの頃より変わらない。

    それがすごいことだなぁ、って思います。

    Comment:0  Trackback:0
    2019
    03.22

    「ジャズ」 野口五郎

    Category: シングルB面
    「ジャズ」 野口五郎
    作詞・ちあき哲也 作曲・山中涼平 編曲・松井忠重 
    1984年9月25日発売B

    只今 アンケートを実施しております。
    『野口五郎に興味を持ち始めた友人が「歌を聴いてみたい」
    と言われたらまずどの歌を聴かせたいですか』
    というアンケートです。
    ぜひ これは聴いてほしい!!と思う作品がありましたら
    アンケートにご参加ください。
    よろしくお願いします。
    https://vote1.fc2.com/poll?mode=browse&uid=15500650&no=1

    そのアンケートの、早速投票していただいた中に
    この「ジャズ」という曲もありました。

    こうやって 人に聞かせたい、と書いていただけると
    思わず聴いてしまいますね。

    おぉ~
    聴いてみると ほんとうにいい曲だ~~っ!!
    おしゃれだし 今の自分には
    すぅ~~~っと入ってきます。

    当時の自分には
    ジャズは難しかったです。
    まだ音楽的に 当時の自分は幼なかったのだと思います。
    感情的な起伏が 音符に反映されているような曲が
    当時はわかりやすかったように思います。
    それと 自分のことを 「あたし」って 言えないような
    生真面目さもありました。


    でも 今聴くとよくわかる~~っ
    だてに年は取っておりません~~
    (うれしいようなかなしいような)

    さらりと粋な感じが とても素敵です。

    こちらは「花遊戯」のB面です。
    ジャケットが すごくワイルドで驚きます。
    ギラギラとして・・・やばい感じさえします。

    シングル曲のイメージとは違っていましたが
    今こうして拝見すると
    貴重な写真のような気がします。

    Comment:0  Trackback:0
    2018
    12.27

    「星屑の町」野口五郎 

    Category: シングルB面
    「星屑の町」野口五郎 (カバー曲)
    作詞:東條寿三郎 作曲:安部芳明 編曲:野口五郎 
    2002.10.23発売シングルB

    「星屑の町」は1963年に三橋美智也さんがシングルとして出され
    ヒットした作品のカバーです。

    この作品はキングレコードに在籍されていた時代に発売されました。
    「私鉄沿線02」「星屑の町」「ノー・ノー・ボーイ」の三曲が入っていますが
    A面の扱いは やはり「私鉄沿線02」だと思います。
    バラエティに富んだシングル。

    前にも書きましたけれど
    私はこのころの五郎さんは 闘っている感じで
    ギラギラとしていらっしゃって
    少し近寄りがたい雰囲気もあったのですが
    二枚目の王道を行く感じがして好きでした。

    痩せていらっしゃったせいか
    普通に歩かれても
    険しい表情に見えて
    ちょっと怖かったような気がします。
    でもそういうところも
    カッコよかったと思います。

    当時を振り返ると
    「愛がメラメラ」が 素晴らしかっただけに
    世の中の人の感性は どうなっているのか、と
    とても残念に感じたことを思い出します。

    けれど 良い音楽は良いので
    今も歌い続けられていますし
    歌われてよかったなぁ、と思うのですが

    サンタナさんに誘われたステージも
    自分のライブがあって行けなかった、とか
    なんていうか あまりに残念なことも多く 
    神様に試された時期でもあったような気もします。
    でも それを乗り越えたからこその今の五郎さんなんだなぁ。

    「星屑の町」は郷愁を誘う世界。
    久々に レコードで五郎さんのコブシの効いた歌声が聴けました。
    さすがにこの歌は 随分前の歌で
    私にはあまり馴染みがなかったのですが
    五郎さんは ご両親の影響で この歌に親しみがあったのですね。

    両手を広げて 帰ろ 揺れながら
    涙の中を たったひとりで


    この歌に 五郎さんは癒されていたのではないでしょうか。
    ふるさとのように・・・。

    アレンジも 中国琵琶や
    女性の囁きが入っており
    五郎さんの色々なアイディアが生きた
    とても新しい世界となっています。


    Comment:0  Trackback:0